クレジットカードを現金に換えよう

高い還元率は実現できるのか

クレジットカードの現金化を考えた場合、還元率ということが重要なポイントとなってきます。
専門の業者に依頼し、キャッシュバック付き商品を購入するのは、手っ取り早い方法であることは間違いありませんが、いったいいくらになるのか ということも考えなければいけません。
必要な現金をそろえることができなければ、そもそも意味がなくなってしまうからです。

速度的にはキャッシュバック付き商品の購入が有効な手段ですが、換金率は80%前後に落ち着いてしまうことが多くなります。
10万円の商品を購入し、8万円前後となるのですから、1%でも高くしておくことはとても重要なのです。
ですが、ここで問題となるのは、いくらでも高いほうがいいのかということになるでしょう。

いろいろなサイトを探してみると、95%以上の還元率を提示しているところを見かけます。
もちろん、そのほとんどが隣に最大でと書かれているため、初回の取引で実現することはありません。
ところが、そういったことも書かずに、97%といった還元率を提示してあるところもあるのです。
確かに、高い還元率は、損失を少なくすることができるようになるのですから、利用する側からすれば大きなメリットとなります。
しかし、この数値は、理論的に実現することができないものでもあるのです。

クレジットカードの現金化をする業者は、クレジットカード会社からお金をもらうことになります。
その際に、利用情報を送らなければいけませんが、ここに手数料が発生するのです。
会社や取引量によって違いがありますが、1%~5%はかかりますので、この時点で95%の還元率は難しいことがわかるでしょう。
さらに、利益も上げなければいけませんし、人件費もかかります。
そうなれば、95%という数値が、いかに難しいものなのかが理解できるはずです。
そうした業者は、現実に支払ってもらえなかったり、トラブルに巻き込まれたりすることが出てきてしまいます。
そういったリスクを冒さないためにも、こうしたサイトを利用しないようにすることが大切なのです。

おすすめクレジットカード現金化業者情報


↑ PAGE TOP